テレアポリストの基本作業を調べました。

勤怠管理システムの導入

弊社では、新たな勤怠管理システムを導入することに決まりました。今までは、紙のタイムカードでの管理でしたが押し忘れなどが多く管理しにくいことから新たなシステム導入が決まりました。勤怠管理システムの会社があり、そちらに自動的にパソコンからデータが送られるようなシステムです。自分のログインできる場所があり、もし打ち間違えや打ち忘れがあってもパソコンから申請できます。また、有給休暇の申請や遅刻や早退などの申請もパソコンから申請可能です。各課長が申請の確認をできるので便利です。そして月末に一ヶ月の勤怠のシステムを確認し管理会社へ申請を出すというシステムになります。今までのように紙ベースだと、タイムカードだけが増えていき過去の確認をするのも確認しにくいなどの欠点や申請なども紙ベースなのでやはり管理がしにくいのが欠点でした。その点は改善できたように感じます。

スーパーマーケットという職場における勤怠管理

スーパーマーケットという職場においては、たくさんの人間が勤務しています。具体的にどういうことかと言うと、レジを打つ人間もいれば、野菜を扱う人がいたり、魚を加工する人もいます。さらには惣菜を作る人間もいます。こういった様々な人間の勤怠管理をしなければいけない点が、スーパーマーケットという職場の特徴です。ここで重要になってくることがあります。それはコミュニケーション能力です。これだけたくさんの人の勤怠管理をしなければいけないです。当然トラブルや不明点などがどうしてもたくさん生じてきてしまいます。そんな時にコミュニケーション能力があれば大丈夫です。コミュニケーション能力があれば色々な人にそれらの不明点を聞いたり確認することが可能だからです。そういう風にして一つ一つ丁寧にしっかりとクリアしていくことが求められます。

責任者として勤怠管理をしていました。

私にはスーパーマーケットでレジチーフとして責任者の立場で勤怠管理をしていた経験があります。スーパーマーケットではたくさんの人間が働いているため、一人一人の勤怠管理をすることは難しい上に、手間もかかるものでした。毎日のように残業が続くようになってしまい、体力的にも非常にしんどいものがありました。そうではありますが、パソコンなどが普及する以前よりは遥かにマシです。なぜかというとパソコン入力をしていけば、パソコン上でわかりやすいデータとしてパソコンが勝手にまとめて行ってくれるからです。それだけ便利なパソコンというものがあってもこれだけ大変な苦労をしていました。そう考えると、パソコンが普及する前は一体どれだけ大変であったのだろうかと疑問を抱いてしまいます。疑問を抱くだけではなく、自分がそのころに仕事をしていたことを想像すると、恐ろしくなってしまいます。