テレアポリストの基本作業を調べました。

意外と出来ない顧客管理経営

一昔前であれば、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫からなる「三種の神器」やクーラー・車・カラーテレビからなる「3C」という言葉に代表されるように、人々の需要…すなわち生活に余裕のある人々が欲しがるものは決まっていました。
しかし、パソコン一つ取っても人々の用途によってさまざまな商品があり、需要が多様化した現代にあっては、人々のニーズに合ったものを提案していくのは、事業者にとって必要不可欠なこととなったのです。
顧客管理の考え方は、そのような時代の中で生まれ、今日に至るまで成長し続けています。

顧客管理の導入は簡単で、必ずしも初めからExcelの知識や専用システムの導入を必要としません。
単に紙に必要事項をメモしていくだけでも十分に顧客管理の始まりです。
勿論Excelの技術があるに越したことはありませんが、自分の出来る方法からはじめて、不便を感じたときにソフトに頼るのが良いでしょう。

さてポイントカードは代表的な顧客管理方法の一つです。ポイントカードは単にポイントを付与して経費をかけていくだけ、という事業者が多く見受けられますが、それはもう止めるべきでしょう。
ポイントカードは顧客のニーズに合わせた商品をサジェスチョンするためにあるのであって、本来の目的を忘れたポイントカードは廃止した方がましです。

さて最初は紙から始めても良いといいました顧客管理ですが、それでは勿論限界が生じてきます。
そのときに、どのソフトを入れればよいのか、順番に特徴を説明します。

まず「セールスフォース」。アメリカ・カリフォルニア発のソフトで、クラウドサービスであることが特徴と言えます。
営業支援システムなども充実しており、総合的に評価が高いソフトで、2200社余が導入しています。

次に「弥生顧客」。日本発のソフトで、製品満足度が非常に高いのが特徴と言えます。
導入アドバイザーという機能があり、初心者でも安心して使いこなすことができます。
特筆すべき点が地理情報をとりいれていることです。日本での顧客管理ソフト売上一位であり、中小企業からの信頼が厚く、確固たる地位を確立しているソフトと言えます。

最後に「おてがる通販」。これも日本発のソフトで、インターネットショップでの顧客管理に特化しているのが特徴です。
注文内容の分析から、送付先の伝票印刷までこなしてくれる大変便利なソフトで、売上増加・負担軽減が一挙に出来るため、ネットショップ経営者から厚い支持があります。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*